陸上生活は、ある時期に納得する歌が全くかけなくなり音楽向いてないなぁ、やめようかなぁ・・・と考えていたときに書いた思い入れのある一曲です。ズババババっと歌詞を書いてメロディーをつけていた時点で、この歌は絶対良い歌になるという確信がありました。いざ完成してその歌詞を読んでみると自分はまだやれるぞ!と、とにかく自分を励ましていて自分で書いておきながら驚いた記憶があります。
一バンドマンの小さなスランプなんてどうってことないのですが、私にとっては一大事で、そしてこの歌に救われました。いろいろ悩んでも生きていればまた何かが起こります。絶望的なことがあっても一日くらいそんな日もあるさとあきらめていきましょう!
どんなに辛くても自分を励ましながらなんとか前を向いて生きていきたい!そんな思いをオトメダマ最後の一曲に込めました!「がんばれ!」とも「まだやれる!」とも言わない分かりづらく遠回しな歌詞ですが、少しでもみなさんの力になれますように心から願っております!
 
読んでいただきありがとうございました!
 
宇宙団 モチヅキ
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly